パパ活

私は、仕事のためにとあるおじさん達の接待に付き合っています。ハゲたおじさんに、自慢話をしだすおじさん、タバコ臭いおじさん。いくら仕事のために上司の命令で参加したけれどこれじゃ私はコンパニオンの仕事をしているみたいでした。そんな中で1人場違いな人がいました。年齢は50代くらいだけど、モデルをやっているようなダンディな人でした。その人が私が酒の準備をしている時に話しかけてくれました。

「酔っ払い相手でごめんね。上司に頼まれてここに来たんでしょ。」「はい。」「ここに来る女性のなかにはパパ活目当てでここに来る人もいるけど君はそういうタイプじゃなさそうだね。」「パパ活ですか。」「そうだよ。自慢話をする男性と髪が薄い男性には君みたいな子と付き合っているよ。」「うそ。身近にパパ活があるとは思いもしませんでした。」
パパ活サイト
私が驚く表情に彼は笑っていました。「もしよければこれ受け取ってとって。君と一緒にいると楽しそうだから今度デートしよう。」彼から名刺を渡され私はただ、驚きのあまり何も言えませんでした。そんな私に彼はまた笑い席に戻って行きました。

後日私は名刺とにらめっこをしていました。電話をするか、しないか。とても優しそうな彼に私は思いきって電話をしました。「櫻井です。この前はどうもを」「電話かけてくれて嬉しいよ。良ければ今晩空いてるかな。ご飯でも食べないか。」「はい。」こうして私は彼と会う約束をしました。この後どうなるかわからないけれど、私にもパパが出来るのかと期待しちゃう私でした。
無理やり
スパンキング

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成



掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]