JKが相手の援交

「先生、どうか私と付き合ってください。」まさか、生徒に告白されるとは思ってもいませんでした。私は塾の講師をしています。結婚もしていないし、彼女もいませんが、今まで教え子に手を出そうと言う気持ちになった事はありません。だから教え子のミエから告白されるとは思いもしませんでした。もしミエと付き合ったらJKが相手の援交と思われるに違いない。下手したら仕事もクビにされてしまう。だから私はミエの告白を断りました。「JKが相手の援交って思われるから私と付き合ってくれないんですか。」図星のことを言われてしまい何も言えませんでした。「先生、JKが相手の援交と、言われないように私が大学に受かったら改めて先生に告白します。そしたら付き合ってください。」「分かった。」
割り切りの条件はアマゾンギフト券の先払い
そう言うと彼女は今までの授業態度が変わり一気に真面目モードになりました。授業が終わるとすぐに帰っていた彼女が居残りをして分からないことをどんどんと聞くようになったり、成績もどんどん上がり、親御さんも私の指導が良いと言って喜んでくれました。

そして大学合格発表の日。彼女から一報の連絡がありました。「先生、あんなに勉強したのに落ちてしまいました。」悲しむ彼女の声を聞いて私は彼女の頑張っている姿に次第に惹かれていったこともあってか、彼女に会おうと連絡をしました。

その日の夕方、彼女の目は真っ赤になっていました。私はそんな彼女の手を握りました。「まずは友達からよろしくお願いします。」と告白をしました。
ホ別
ホ別の意味

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成



掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]