泊め男

泊め男サイトである書き込みを見つけた。
『泊め男さんいませんか? 本日泊めて欲しいです』
返事をして、待ち合わせ場所に行くと、人目を避けてマスクをした不審な女性が立っていた。
ふーん、訳ありか。
単なる家出とは違う雰囲気に、少し興味を覚えた。
普段は聞かない身の上話に花を咲かせる。彼女は言った。姑にいじめられて家を飛び出したのだと。
所謂嫁いびりか。我慢の限界が来た彼女は無一文で家を飛び出したが、行くところがないという。
ほとぼりが冷めるまで2,3日泊めて欲しいとのことだ。
俺は、どこまでならしてくれるかを尋ねると、私でできることならと返事をもらう。
それならとホテルを取って泊まりに行く。泊め男とは言われているが俺は家は使わない主義だ。
ホテルで、マスクを外すとなかなか美人でエロい。
彼女は失礼しますと言って、部屋に入るなり俺のズボンのファスナーを下ろした。
その行動に、俺は驚きと期待で股間に熱が集まるのを感じた。
同僚から教わった本物神待ちサイト
彼女の口に俺のチンコが入っていくのを見ていると、それだけで果てそうだった。
プラス、人妻ね。
俺は一生懸命フェラをしている彼女の顔を押さえつけ、苦しそうな彼女の顔を見ながら思いっきり口に出してやった。
何度もむせて、精液まみれになった彼女の顔がエロくて、服を強引に脱がし、四つん這いにさせた。
少し怖がる彼女に後ろから自分の果てたばかりのチンコを突き立てる。
「あんっダメ! 生はダメっお願い」
そういわれて、仕方がないので行く直前に引き抜いた。
彼女は顔も体も精液まみれになって、くたっとベッドに体を預ける。
俺は彼女を仰向けにして、三回目の射精に向けて動き出した。
それから、3日間飽きるほどに抱き合って、彼女は「もう旦那とのセックスじゃ満足できないかもしれません」とつぶやいた。
「いつでも連絡して」俺は連絡先を彼女に渡し、夢のような3日間から現実へと戻ってきた。
神待ち掲示板
家出掲示板

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成



掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]