JCと援交する

僕の前には、制服姿の女子中学生がいた。学校からの帰りなのだろう、リュックを背負い、肩からはテニスラケットのケースをぶら下げている。 まさか、JCと援交する日が来ようとは。 ただ、僕はJCと援交したかったわけではない。この待ち合わせ場所に来るのは、四十路手前の人妻だったはずだ。 「ママ、用事が出来たんだって。私が代わり」 何を言っているんだ、この子は? 僕の頭の中に、現代の世界情勢と最新の芸能ニュースが飛び交った。パニックになると、全然関係ないことに意識が行く。 そう言えば、僕たちの世代のカリスマ的歌手が今朝がた亡くなったな、などと思っていると、彼女の方から僕に腕を絡めてきた。 「気にしなくていいよ。私、こういうの馴れているし、ママよりはフレッシュだよ」 いや、フレッシュとかそういう問題ではなくてね・・・。 さすがにホテルに直行するのはまずいので、近くのコーヒーショップへと彼女を誘った。 カウンターで商品を受け取って、席についてから落ちついて辺りを見回す。 浮いている・・・三十過ぎたおっさんが、女子中学生と向かい合ってコーヒーを飲んでいるのだ、怪しいことこの上ない。 別いちごで素人JDとセックスの約束で待ち合わせ 「あのおっさんJCと援交するつもりちゃうか?」「それって犯罪だよねーおまわりさーん」なんて、僕の胸の内に周りの人間の心の声が届いてくる。 ちらりと彼女を見ると、クリっとした目でじっと僕を見つめている。 結構かわいいかな・・・と思ってしまった自分を慌てて否定する。相手は子供だ。逃げなきゃダメだ逃げなきゃダメだ逃げなきゃダメだ。 「わかる、わかるよーおじさん」 彼女は一緒に注文したクッキーをバクバクほおばりながら、意味ありげにうなずいた。 「JCと援交するなんていろいろと怖いよね。でもご安心。怖いのは最初だけだから」 いや、怖いとかそういう問題ではなくてね・・・。てか、お願いだからそんなことを口に出して言わないで。ほら、皆聞き耳立ててるし! 僕は息をついて考えてみた。援交なんてハナからする気がなかった人妻が、娘を送り込めば相手の男もあきらめるだろう、とか考えたのか。いや、それだとすっぽかせばいいだけの話で割に合わない。だいたい、相手の男がロリコンだったらどうするんだ? 僕は、平静を装いながら、現れない母親のことを聞いてみた。 「ああ、ママね、私は知らないんだけど、高校のころ追っかけしてた歌手が死んだんだって。だから、今日一日は喪に服するらしいよ。娘で我慢してください、と伝えてだって」 いや、我慢するとかそういう問題ではなくてね・・・。 結局、僕はその場で彼女の宿題を手伝って、それから別れました。 フェラ友 ゲイ

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成




掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]