セクロス

出会い系サイトで出会った女性と少し趣向のちがうセクロスをしてみようという話になった。 それはお互いに目隠しをして、体に何が触れているかを当てるというものだ。 セクロスというか前戯なのだが、お互いに面白そうだということになった。 まずは彼女が目隠しをすることになった。 俺は、裸に目隠しをしている彼女の身体に指を這わせる。 「んっ普通に触ってるんじゃん」 彼女は笑いながらそう言った。 それならと、俺は色々用意していた中から筆を取り、彼女の身体を撫でた。 「きゃっくすぐったいよ〜筆?」 正解! と思いながら、俺は筆で乳首を撫でる。 彼女の反応が少し前とは変わって、息が荒くなるのがわかった。 俺は筆でクリトリスを撫でると、彼女の声が一際大きくなるのがわかる。 「んっいやぁそれだめぇ〜」 彼女が体をよじって抵抗し始めたので、俺は彼女の手をベッドに縛ってみることにした。 「えっ嘘っ縛っちゃうの? 怖いよぉー」 エロ垢 そういっておびえる様子に少しゾクゾクして、俺は無言で彼女の手をしばった。 抵抗できない彼女の身体をさらに筆でくすぐる。 彼女は抵抗できずに喘ぎ続ける。 「んっいやっだめぇ〜そこばっかり嫌なのぉー中も触って〜」 彼女にそうおねだりされたので、俺はマンコに指を入れた。 彼女はそれだけでいってしまったのか、体がびくびくと震えているのがわかった。 俺はベルトのナックルを外し、反りあがっているチンコを取り出した。 足を開かせて、ビチョビチョのマンコにチンコを差し込むと、彼女はさらに声をあげた。 加減せずに腰を動かすと、泣き声のような喘ぎ声が聞こえた。 「お願い〜ダメ〜」 その声を聴きながら、俺は彼女の中に思いっきり精液を注いだ。 その後、俺は彼女にめちゃくちゃ怒られて、目隠しをさせられて、洗濯ばさみをつけられたり、シャーペンでチクチク刺されたりした。 それはそれで楽しかったが、やっぱり自分はマゾではないと再認識させられた。 コミケでオフパコ セフレが欲しい

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成




掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

オススメ掲示板
ジャンル別アダルト画像掲示板
エロハリコミニュティー
素人@ 神楽
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBSebbs.jp