センズリ鑑賞

「俺のセンズリ鑑賞をしてくれたらお小遣いあげるよ。」学生の頃、夜の繁華街で変なおじさんに絡まれた。もちろんセンズリ鑑賞にも興味ないし、お小遣いにも興味がない。しかし、このおじさんは別の日にも会って同じ事を言われた。もちろん無視。 それから学校を卒業して某会社に就職が決まりました。そして、初めての出社の日に驚きのことがありました。あの時変なことを言ったおじさんがこの会社に勤めている部長さんでした。部長は私のことを覚えていないのか「仕事頑張れよ。」と、言ってくれました。他の社員からも好かれているみたいで、働いて一年が経つけれど誰も部長の悪口を言う人がいませんでした。 相互オナニ 私も数年前にあの事がなければ尊敬する人になれたのに、部長が近づくたびに警戒をしてしまいます。 忘年会が会社内でありました。お酒が苦手な私はあまり飲まないでいると部長がジュースを持って近寄りました。「まさか、数年前駅で会ったあの女性がこんな近くに会えるとは思いもしなかったね。」その言葉に私のことを覚えていたんだと思いました。正直、また変な事を言っているのかなと思いましたが聞くに聞けずいました。すると部長から「お小遣い欲しい時は言ってよ。その代わりみんなには内緒で。」もう、キモい以外思わなくなりみんなから尊敬されている部長に対して私の話を言っても誰も信じてもらえないと思った私は会社を辞めました。 F割 プチ援

[2]スレ作成|スレ検索[5]
スレッド件数0件



スレッド未作成




掲示板Searchへ
emoji[free]掲示板無料レンタル
ココを友達に教える

掲示板管理者へメール
管理ログイン

オススメ掲示板
夢児のBLUE HEAVEN
胸ちらfan
18禁画像
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp